サンプル img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 コメント1 コメント2 コメント3 コメント4 コメント5

01
現状の問題

例えば、こんなお悩みはございませんか?

最近情報漏えいの話を聞くが、うちはちゃんと教育しているのか?

経営層

社内のセキュリティ意識って、数値で測る事ができないかな?

情報システム部

変なメールは開くなと言ったって、どういうメールがダメなのか良く分からないよ…

一般社員

データで見る標的型攻撃メールの実情

標的型攻撃メールは増加の一途をたどり、
効果的な対策技術は確立しきれていない…
よって…

入口対策
出口対策
侵入拡大の阻止・検知

総合的な対策が必要

今すぐにできる標的型攻撃メール対策の第一歩、
それが「教育・訓練の実施」

01
サービス内容

訓練サービス 4つのポイント

訓練対象者に標的型攻撃メールを送信

添付ファイル開封を監視&開封情報を蓄積

開封者には
教育用コンテンツを閲覧させ免疫力アップ

全ての訓練情報を蓄積し、
レポートとして集計して納品

01
サービス提供の流れ

お申込み

訓練用
メール文面の作成

添付ファイル内の
教育コンテンツの作成

訓練対象
メールアドレス用意

訓練メール
一斉配信

レポート集計&納品

WEBアンケート実施
開封者への教育セミナー開催

04
価格表

※ 価格は全て消費税率8%の総額表示です。

ユーザー数 初期設定費 配信単価
~500 189,000円 324円
501~1,000 283,500円 270円
1,001~5,000 378,000円 216円
5,001以上 別途御見積

価格例

100名 221,400円
500名 351,000円
1,000名 553,500円
3,000名 1,026,000円
オプション 料 金
WEBアンケート実施 100,000円
開封者へのセキュリティ教育セミナー開催 都度御見積
E-Learningサービス 都度御見積

05
お問い合わせ

ぜひお気軽にお問い合わせください。

標的型攻撃メールについて学べる小冊子「標的型攻撃対策のはじめの一歩」
無料ダウンロードできます。

特徴・手口を正しく理解できる 対策の基本的な考え方を学べる 今できる具体的な対策案がわかる